2005年01月02日

八重山琉染(やえやまりゅうせん)

八重山琉染サンゴ礁で知られる白保というところに、珍しい「サンゴ染め」の工房を見にいきました。古い呉服屋さんのような工房は、飛騨高山から移築したという日本家屋。周りには錦鯉が泳ぎ、優雅な雰囲気です。
サンゴ染めは、白保で40年くらい前に始まったそうで、形の良いサンゴの切断面を使って手染めをしていくということです。着物や帯は沖縄の珍しい天然染料を使っているとのことでいした。
おみやげによさそうな、Tシャツや小物も販売されているので、サンゴの模様が和風で可愛いTシャツ、あとモノトーンの珊瑚柄が渋い布も買って帰りました。

●八重山琉染の公式ページはこちら
posted by ふくみみこ at 15:00| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1553406

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。