2005年01月02日

八重山琉染(やえやまりゅうせん)

八重山琉染サンゴ礁で知られる白保というところに、珍しい「サンゴ染め」の工房を見にいきました。古い呉服屋さんのような工房は、飛騨高山から移築したという日本家屋。周りには錦鯉が泳ぎ、優雅な雰囲気です。
サンゴ染めは、白保で40年くらい前に始まったそうで、形の良いサンゴの切断面を使って手染めをしていくということです。着物や帯は沖縄の珍しい天然染料を使っているとのことでいした。
おみやげによさそうな、Tシャツや小物も販売されているので、サンゴの模様が和風で可愛いTシャツ、あとモノトーンの珊瑚柄が渋い布も買って帰りました。

●八重山琉染の公式ページはこちら
posted by ふくみみこ at 15:00| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グラスボート

グラスボート朝食のあと、レストランから直接ビーチに出られるので、散歩してみました。川平湾の砂はすべて珊瑚でできているそうで、真っ白です。それに、砂の粒が細かくてふわふわした感じ。素足で歩くと気持ちいいだろうな〜。
ついでに船の底から海中を見られる「グラスボート」というものにも乗ってみました。そういえば、海を見るばっかりで海遊びを全然していません。(冬だから仕方ない)
グラスボートは、30分くらい浅瀬を回って、珊瑚のきれいなところなどを見せてくれます。水がきれいなので、魚や貝もたくさん見ることができます。夏だったら、ダイビング最高だろうなー。結局、夏にまた来たいねという結論になってしまいます。
posted by ふくみみこ at 09:00| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月01日

石垣島観光

石垣島観光石垣島の離島桟橋に戻り、レンタカーを借りて今日は一日島の観光です。
実はあまり石垣島のことは調べていなくて、食事などもわりと行き当たりばったりになってしまいました。特に食事はいつもならかなり調べて、「ここは」という店にいくのですが、調査不足で失敗。とりあえず石垣牛と思って、ガイドブックに掲載されていた老舗でランチをしましたが、イマイチ。。。肉はおいしいのですがサイドメニューがうーん、という感じでした。
あとで調べると、石垣牛を食べるならやまもとという焼肉屋さんが、地元では有名なののだとか。

なんとなく市街地近くの鍾乳洞にも行ってみて、まあ暖かくてよかったのですがふつうの観光地でした。これもあとで調べると、もうひとつ、北のほうの伊原間鍾乳洞というのがあって、海に抜けられるロマンチックな鍾乳洞なのだとか。そっちのがよかった〜。やっぱり旅は、下調べが必要ですね。

でも、石垣島はドライブで回ると、絶景スポットがたくさんあってなかなか楽しめます。なかでも御神崎というところは、荒い波が奇岩にうちつけるていて、迫力満点でした。バンナ公園の「エメラルドの海を臨む展望台」もおすすめ。八重山の離島を一望でき、望遠鏡をのぞくと、さっき出発した竹島の港まで見えて感激しました!
posted by ふくみみこ at 14:00| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

竹富島で初詣

竹富島で初詣元旦の朝、フェリーの出航まで少し時間があったので、初詣に行ってきました。
昨日は雨、風が強くとても寒かったのですが、今日は陽が出て暖かくなりそう。とはいっても、気温は15度くらい(たぶん)で風もあるので、東京から持ってきたコートを着て出かけました。
竹富島には御嶽(うたき)と呼ばれる神社がたくさんありますが、そのうち一番大きな世持御嶽へ。大木に囲まれ、神聖な場所という雰囲気です。それから竹富島髄一の観光名所(?)なごみの塔(展望台)に上り、島全体の風景を見てきます。
もう一度、必ず来るからね〜!
posted by ふくみみこ at 08:00| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月30日

コンドイビーチ〜カイジ浜

午後はお天気もよかったので、夕食までの間、海岸を散歩しました。宿から20分ほど歩くと、夏は海水浴で人気というコンドイビーチに出ます。遠浅でおだやかな海は、どこまでも青くて、池かと思うくらい波が静かです。海に面した小さな公園もあり、ベンチで読書する人などもいて、のんびりした雰囲気です。(この島ではどこものんびり〜ですが)真っ白い砂の上をシャリシャリと、星砂のカイジ浜まで30分くらい歩きました。
カイジ浜ではたくさんの猫たちがひなたぼっこをしていました。竹富島には猫が多いそうですが、人間に慣れているらしく、どの猫も逃げたりしなくて、お腹をさわっても平気です。

12月末で、もう6時なのに、まだまだ明るいです。八重山諸島は、沖縄県といってもかなり西のほうで、台湾に近い位置なので、本土に比べて日没が遅いようです。
6時になると、町のスピーカーから音楽が聞こえ、「良い子は家に帰ってお家のお手伝いをしましょう」という放送が流れます。この島の子供たちはのびのび幸せに育つんだろうなあ〜。
コンドイビーチ〜カイジ浜 コンドイビーチ〜カイジ浜2
posted by ふくみみこ at 17:00| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

竹富島

西表島からフェリーでわずか30分ですが、西表とは全く違う雰囲気の小さな島です。
港に着くと、すでに宿の人が迎えに来てくれていて、車で連れていってもらいます。ガイドブックなどで見たとおり、古い石垣、赤瓦の家、白い砂の道など、本当に綺麗な島です!それも、一部に残っているのではなく、島のどこへ行ってもそのような街並み。民家の庭先には、ブーゲンビリアなど南国の花が咲いていて、島全体がまるでテーマパークのように、完成された風景なのです。
写真が下手で、伝えきれませんが、とにかく、はるばる来てよかった。。!
竹富島1 竹富島2
posted by ふくみみこ at 14:30| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仲間川遊覧

サキシマスオウ今日は本当は星砂の浜に行きたかったけど、曇りで少し肌寒いこともあり、仲間川で遊覧船に乗ることになりました。
遊覧船はゆったりとマングローブの林の中を進み、日本最大(?)のサキシマスオウの木(左の写真)を見に行きます。
サキシマスオウの木は、板根といわれる大きな根が地上に出っ張っている不思議な木です。昨日のトレッキングの途中でも見ましたが、仲間川のこのサキシマスオウは板根の高さが4メートルもあるのです。子供が遊ぶのにちょうどよさそう。。。

午後は、フェリーに乗って、楽しみにしていた竹富島に渡ります。
posted by ふくみみこ at 10:00| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月29日

ピナイサーラの滝

ピナイサーラ今日は一日、「ピナイサーラの滝」周辺のネイチャーツアー。西表観光のいちばんの人気スポットですが、カヌーで川を渡り、滝の上へまでジャングルの中をトレッキング、とちょっとハードなツアーと聞いています。

まずはツアーガイドさんに、カヌー置き場の近くまで車で連れて行ってもらい、簡単な漕ぎ方講習。カヌーは全くの初めてなのでちょっと緊張しますが、川に出てみると、流れがあるため意外とすいすい進みます。(初めのうちはパドルの操作に慣れなくて、マングローブの木に突っ込んでしまいましたが。。。)
川の周囲はひたすらマングローブ林。アマゾン川みたいな(イメージですが)風景、思わずガイドさんに「ワニとか出ないんですか」と聞いてしまいました。ちょうど陽がさしてきて暖かく、意外に優雅なカヌーの旅を楽しめました。

カヌーを降りると、ジャングルの中は、亜熱帯の見たこともない植物ばかり。ガイドさんに植物の話をいろいろ聞きましたが、夏に咲くサガリバナという珍しい花を見てみたいなあと思いました。白い花が夜になるといっせいに落ちて、川を流れるのが美しいそうです。

ジャングルの険しい道を、滝の上まで歩きます。ちょっと息が上がりますが、1時間ほど上ると、滝上は海まで見渡せる絶景!歩いて流れを渡り、滝から下を見下ろすと、さっきカヌーを漕いでいた川も見えます。ここで、景色を楽しみながら昼食をいただきます。自然の中だと、素朴なお弁当もおいしさ倍増!大きなおにぎり2つも平らげてしまいました。

午後はさらに滝下までトレッキング。今日は水量が多いらしく、滝はものすごい迫力。風もあるので、まるで台風のような状態でしたが、夏は滝つぼで泳ぐこともできるそうです。

久しぶりの山登りでちょっと疲れて、ホテルに帰ると少しお昼寝してしまいました。でも山歩きにはちょうどいいお天気で、(気温23度くらい)自然が満喫できる、なかなか充実したツアーでした。
posted by ふくみみこ at 09:00| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月28日

由布島(12月28日)

由布島
水牛車で渡る島として有名な、由布島へいって見ました。ここはまあ、普通の観光地ですが、水牛車での行き帰り、御者(?)のおじさんが三線(さんしん)を弾きながら歌を歌ってくれ、沖縄気分を味わえます。この日は沖縄民謡の「安里屋ユンタ」で水牛車の天井に貼ってある歌詞を見ながら、乗り合わせたみんなも歌いました。
おじさんが、由布島と西表島のことをひととおり説明してくれましたが、沖縄なまりなのか、あまり聞き取れませんでした。。。西表島では野生のイノシシが獲れ、とてもおいしいが、それはドングリを餌にしているからで、肉にくさみがない、という風に聞こえました。もしかしたら全然違うかも?
posted by ふくみみこ at 16:00| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野生生物保護センター(12月28日)

石垣島の離島桟橋からフェリーで40分、西表島に到着。思い描いていたとおり、マングローブなど熱帯の植物が生い茂る、ちょっとワイルドな風景です!
レンタカーを借り、まずは野生生物保護センターへ。有名なイリオモテヤマネコのほか、西表の動植物に関する展示を見ます。ちょっと誤解していたんですが、イリオモテヤマネコというのは、島に100匹くらいしか生息していないため、観光に行ってすぐ見られるというものではないらしいです。

ついでに、天気がいいので、すぐ近くの熱帯展示林に行ってみたところ、たくさんの蝶が舞う、楽園のような気持ちのいい散歩道でした。人も少なくて、のんびり旅の人には穴場的おすすめスポットです。
posted by ふくみみこ at 15:00| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。